アイムログ

アイアムロスト,のルートログ

        「道迷いさん(僕)の今までとこれからの道程の記録」 家の悩みと山の話、気分転換に他の事      

妻へのラブレター

 

ぱいぱいこちゃんへ

 

 

 

僕はぱいこちゃんより美しい風景を知っています。
先輩風みたいなのを吹かせて悪いけど、それは子供がいたからです。
僕が山に行くからじゃないんです。
雨が止んだ曇り空に少し太陽の光が射していること。
ただの夕焼けのオレンジ色。
いつもと変わらないただの風景もどんなものも輝いて見えるんです。
これから、ぱいこちゃんにもわかります。
僕たちの子供、たいこちゃんがこの世界にいるだけで全てが美しいはずなんです。

 

僕は今でも月に4回くらい涙が出ます。
離れてしまった子供たちのことを思う時です。
忘れる日がないなんて嘘は言いません。
ふとした時に思い出すのです。
スーパーで聞こえるどこかの子のパパと呼ぶ声。
楽しそうに手を繋いで歩く家族。
自分を許したい、許してほしいと思う涙なのかもしれません。

小さなたいこちゃんが生まれた瞬間
ぱいこちゃんの頑張りに感動しながらも、子供たちが生まれた時の事を思い出してしまいました。
はじめてお座りした日。
立っちができた日。
夜泣きをあやした夜。
可愛い寝顔。
小さな手。
僕に向かってパパと呼ぶ声。
きっと僕はこれからも泣きます。
ごめんなさい。

きっとあなたは、僕がこんな気持ちでいるのをわかっているのでしょう。
たいこが生まれたばかりだというのに一人の時間を作ってくれてありがとう。
あなたの子供ではない子にお年玉の用意をしてくれてありがとう。
子供たちに会いに行くとき快く送り出してくれてありがとう。
僕にはあなたの愛が見える。
僕のことを愛してくれてありがとう。
僕もあなたの事を心から愛しています。


初めての孫でおじいちゃんおばあちゃんデビューの人たちは口うるさいかもしれませんが許してあげましょう。そういうものです。
特にお義母さんはとってもいい顔をして抱っこしてくれています。
僕とあなたと、たいこを愛してくれるみんなで大切に育てていきましょう。
さあ今から
あなたと可愛いたいこちゃんに会いにいきます。
きっと今日の夕空は綺麗にオレンジ色になる。
元旦は素晴らしい瞬間になる。
僕は山に行くから、行かない人よりはわかります。
これからぱいこちゃんにもわかります。
これから一緒に、たくさんの美しい風景を見つけていきましょう。

 

 

ぱいさいこより