アイムログ

アイアムロスト,のルートログ

        「道迷いさん(僕)の今までとこれからの道程の記録」 家の悩みと山の話、気分転換に他の事      

住宅ローン支払い中の一戸建てを売却して、2回目の新築一戸建てを建てる 第10回 「土地の買付証明書を出した」

 

 

いつもお世話になっております。

 

 

「アイムログ」記録者のぱいさいこです。

 

 

 

前回の第9回で
売出し中の中古住宅の、【買付証明書】が届いたというお話をしました。

もちろん不動産屋さんのところにあるので僕のもとにはないんですけどね。

www.iamlog.work

 

今回はその続き、新築のことについての話です。

どうぞお付き合いください。

 

 

 

 

売買契約までにしなきゃいけないこと

 

この家が売れたら~~万円の住宅ローン残債が残るよな。

そろそろ2回目の新築のことも本格的に考えはじめなきゃな。

ん…?いや待てよ。ローン完済できないなら売りに出せないじゃん。

、ということは
売却する家の残債を上乗せした新築の住宅ローンを通さなきゃってことだよな。

1.5~2ヶ月後にこの家の売買契約をすることになると仮定したら
この期間に2回目の新築のおおよその事を決めなきゃってことでしょ?

 

 

・・・時間、足りなくない?

 前回の終わりにこう書いたんですけどね。

 

2ヶ月後くらいに中古住宅の売買契約をするとしたら
同じ日にその売却する家の住宅ローンを完済しなければならないんです。
この家の「抵当権」を外さないといけませんからね。

そして
売却後に残る住宅ローン残債を上乗せした2回目の新築の住宅ローンの融資実行日と同じ日になるわけです。
「住み替えローン」とか「買い替えローン」とかいうやつですね。

 

「支払い中の住宅ローンの完済」と「新しい住宅ローンの実行日」は、同じ日にしなくてはならない。

そう。
売却と新築購入を並行して進めなくてはいけないのですから、
したがって、それまでの期間に2回目の新築のおおよその事を決めなくてはなりません。

流れとしては、

 

①売却は媒介契約した不動産屋さんに任せる
→買い主様の住宅ローン審査待ち
 →中古住宅の売買契約の日が決まる

②ぱいさいこの住宅ローン検討と事前審査

③土地の購入申し込み

④ハウスメーカーの検討、申込
→間取りや仕様の検討
 →見積もり~決定

⑤土地の契約

⑥工事請負契約

⑦建築確認申請

 

通常であれば、この後に
住宅ローンの正式申込、融資実行、と進んでいくわけですが
多めに見ても2ヶ月しかない期間のなかで、かなり無理のあるスケジュールであることは瞭然であります。

きっと、少し手を加えてスケジュール調整することになるでしょう。

新築の仕様の決定だって、本当はじっくり時間をかけて考えるところですもんね。

時間…余裕ないなあ。

 

 

購入希望の土地の買付証明書

 

購入したい土地は見つけてあって、ずっと売れてしまわないかと心配していました。

www.iamlog.work

土地は500万円まで。

これも変わらないで済んだらいいのですが。

「僕とワイフの仕事場までの距離」で考えた土地で探して候補がふたつ見つかっています。せっかちですね。

 

第6回で少し触れた候補の土地。
この第一希望の土地に買付証明を出しました。

とりあえずひと安心。

 

ちょっと話ズレるんですけど
この土地の仲介役の不動産屋の担当さん、すごい良い人で。

土地を見せてもらうのに初めてお会いした日に色々なことを教えてくれるし
聞いてないことまで細かく教えてくれるし
買うかどうかもわからないどこかのヤツにどんだけ時間使うの?
ってくらい親切なんですよ。

家の売却が進みそうな見込みが着いて、ハウスメーカーに電話して
その後この担当さんに電話しました。

改めて「住宅ローン支払い中の一戸建てを売却して、2回目の新築一戸建てを建てる」流れを説明した時にこう言ってくれました。

 

これはなかなか大変ですね。でも無理ではありません。ハウスメーカーの営業さんの頑張りが一番大事ですが、私もその希望に沿えるように協力します。

 

・・・好き。

どうぞよろしくお願いいたします♡

 

 

 

家は3回建てないと納得できない?

 

忙しいというか、時間に余裕がない状況ではありますが
住宅ローン支払い中の家が売れる見込みがついたので
僕の人生で2回目の新築を考えるタイミングがやってきました。

 

 

家は3回建てないと納得したモノができない。
とかよく聞きますけど、どう思いますか?

 

僕は20代前半で1回目の新築を建てたんですけど
そのころの僕がどうして家を建てようと思ったのか、と言うと

たぶん、いちばん近い理由は

 

家賃を払っているのはもったいない、家賃と同等の支払いで家が持てる

 

的な
よくある家の購入を促す文句。
バカだと思いますか?思っても口に出さないでくださいね泣きますよ?

一応若かりし頃の僕の為の言い訳的な感じとしては
こう思っていたわけですよ。

 

家賃を払っているのはもったいない、家賃と同等の支払いで済むわけないけど家が欲しい

 

わかっていました。

家賃と同等の支払いで家が買えるわけない、と。

買えるとしてもその後に落とし穴があるはずだ、と。

色々考えて、

おバカちゃんなりに
住宅ローンや保険などの金融商品の勉強をしたりして
家を建てることを決めました。

後悔はしてないと思います。

月に12万円くらいの支払い、どうにか続けてこられました。

12年間、どうにか払ってこられました。

後悔は今でもしていないと思います。自分に言い聞かせてるだけかも?

 

まあ、その時の僕が家を建ててしまったからこそ
今の僕が2回目の新築を考えられるわけですけどね。

 

・・・いいでしょ?
2回目の新築ですよ?

1回目で失敗したところや考えが及ばなかったところとか
ぜ~んぶ!しっかり考えてやる!
あんまり時間はないけど!

 

それなりの田舎のこの家でも
1000万円を下回った住宅ローンの残債で済みそうです。

そうそう。
この残債をね、新築の価格に上乗せしてね。

って バカ!

どんだけムダなお金払うの!

 

みなさん

家は1回でバッチリ決めましょう。

 

 

 

2回目の新築を考える

 

僕がお金持ちだったら
2回目の新築どうしよっかな~♬

くらいのもんですけど、

もちろんそんなわけないんです。
また新しく住宅ローンが始まるわけですから。

 

なんと言っても申し訳ないのが今のワイフです。
彼女にとっては初めての家づくりなのに、
最初からマイナスのお金のこと考えなきゃいかんのですからね。

わかってて僕を拾ってくれたんです。
光です。
ワイフは僕の暖かい光ですよ。

 

で、そのワイフなんですけど
あんまりコダワリとかない系の人で。

すごい簡単に言うと、
「新築でキレイな家ならなんでもいいよ」

的な感じなんですよ。

 

僕というと
金もないくせにまあまあコダワリはあるほうで。

ワイフの言ってることはわかるんですけど

「せっかくの新築なんだし予算のなかで色々考えようよ」

って感じで話すわけですよ。

 

 

あん?

さいこちゃん(僕のこと)が考えもなしに家なんて建てたからこんな面倒なことになってんだろ?

違うの?

 

的なことは言われませんけどね。

感じますよね。感じざるを得ない。無視できっこない。

 

あの…だからね、ぱいこちゃん(ワイフのこと)
面倒な状況な中で色々新築のこと考えるの大変なのはわかるけど…
せっかくの注文住宅なんだからもったいないじゃん?

いや、はい。

すみません。

 

・・・

ファッファッpファッファッ
ファッファッpファッファッpフォッ
ファッファッpファッフォッ
ペロピヒョ~ ププププ~~プォッ

育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めない

二人ともセロリは好きだけど、価値観を擦り合わせるのって大変ですよね。

 

 

 

 

終わりに

 

 

今年の5月、
中古住宅として売りに出すこの家が僕のもとに戻ってきてから3ヶ月が経ちました。

 

売り出してからつい最近まで、微妙な何とも言えない感じがずっとしてました。
この期間が本当に終わるのか
これがずっと、あと数ヶ月も続いたらどうしよう

こんな感じの不安な日々が終わりそうなのがありがたいんですが
なんだか複雑な気持ちも心のどこかに残っているような気もします。

その複雑な気持ちの正体を僕はわかっているつもりだけど
わからないふりをして新築の事を考えなきゃいけません。

 

まずはワイフとよく話し合って
間取り、決めなきゃな。

ケンカしないように…